お知らせ

【受入企業様ベトナム送出し機関視察帯同】

新規にベトナム実習生の受け入れを検討している会社様(製造請負業)の役員と当組合が提携している送出し機関視察に帯同いたしました。現在ベトナムには、JITCO認定送出し機関は207機関あります。実習生の募集から受入後の戦力化までには、組合(監理団体)や連携する送出し機関の選定は大きな意味があります。たとえば、実習生の失踪などのトラブル防止や来日後の実習生管理(勤怠や生活指導)にもその選定は重要です。当組合は、実習企業様が納得頂けるように、こうした視察(企画)にも連携先・送出し機関と協業して対応いたしています。訪問当日には送出し機関の実習生による、実習生のための「日本語スピーチコンテスト」が行われ、1200名の中から選ばれた実習生が「あこがれの日本に実習にいくこと」、「5Sとリサイクル活動」など日本語で自分たちの目標や考え方を披露してくれました。同行した役員からは、日本語スピーチを通して、実習生が日本で実習に取り組む真摯な態度、考え方、目標等を知ることができて有効だったとコメントをいただきました。

一覧へ戻る