お知らせ

【実習生入国、日本語学校入学】

実習生が入国しました。これから一か月、日本語学校で実習実施機関配属前の最終教育です。実習生は日本語学習のみならず、警察署・消防署の協力を得て交通安全ルール・防犯・防災訓練/弁護士・社労士による労働基準法等労働に関する講義/日本の生活様式に馴染むため、買い物、ゴミだし、炊事、洗濯、布団の上げ下ろしまで/さまざまな学習・体験を通して実習生として成長します。当センターではこれらが一方通行にならぬよう、日本語学校と連携して実習生のフォローを行なっています。きめ細かなサポートが当センターの”ウリ”です。口コミですが、送出し機関や実習生から、当センターは「安心・信頼」できる組合との評価を受けています。

一覧へ戻る