お知らせ

【介護福祉士の合格率】

当センターでは、1年前から新職種「介護」の実習生受入をベトナムやミャンマーなどの送出し機関と協働して進めています。
今年度の介護福祉士の国家試験では、EPA(経済連携協定)の仕組みで来日したベトナム人が初めて95人受験し、そのうち89人が合格しました。(合格率93.7%)
日本人を含む全体の合格率は70.8%、またインドネシア、フィリピン、ベトナムの3国の合格率は、50.7%ですから、優秀さがうかがえます。これはベトナムの場合他国と比べて、日本語能力試験の合格要件を厳しく設定されているためと類推できます。
当センターでは、優れた人材を確保するため、現地送出し機関や実習実施者と実習のためのカリキュラムの充実や施設機器の整備を進めています。

一覧へ戻る