受け入れの流れ

実習生受入れの流れ(入国前)

ご検討・お申込み
(4~6ヶ月前)
●技能実習制度の説明   ●年齢、人数など条件等の検討
●受入れ現場での技能実習の可否   ●現地送り出し機関の選定、視察等

人材選考
(4~6ヶ月前)
●書類選考(募集人員の3倍程度まで絞り込み)
●現地面接(筆記試験・実技試験・面接)
●雇用条件等の提示
●健康診断

入国申請
(3ヶ月前)
●パスポート取得   ●技能実習計画等の作成
●入国審査申請   ●在留資格認定の申請

現地事前研修
(3ヶ月前)
●日本語教育(日本語能力試験N5程度)
●生活教育(日本の文化、生活習慣、会社ルールなど)
●集団生活の実施

ページのトップへ

実習生受入れの流れ(入国後)

入国
●住居等の確保   ●専任または兼任の担当者を選任
●初期の生活用品の手配

配属前研修
(入国~1ヶ月)
●集合研修施設にて約1ヶ月の研修
(実践的な日本語研修、職場の用語、生活指導等)
●公共機関の講師による講習(警察署、消防署など)

配属
(入国1ヶ月~)
●技能実習生と雇用契約を締結し、現場へ配属
※2010年の法改正で、1年目から労働契約を結ぶため残業・深夜勤務等も可能に
●技能実習10ヶ月後には技能実習試験を受験  ・合格者は技能実習2号の在留資格に移行

2年目~
帰国
JITCOの受入企業監査(2~3年目)
●JITCOより技能実習の修了証書発行
●帰国前に各職種における3級の試験を受験
●帰国
●5年目までの実習を行う実習生は、上記の3級試験の合格を条件として一時帰国後、再入国にて仕事の再スタート。
※但し、企業、管理団体の両方が優良監理企業、団体(一般監理事業)の許可を受けている事が条件。

ページのトップへ

契約締結から現場配属までのスケジュールの目安

ページのトップへ

契約締結から実際の現場配属までは約半年の期間が必要です。(面接から入国までは4~5ヵ月)

上記スケジュールはあくまでも一例となります。
採用を検討されている人員数、職種、時期等によって現場配属までのスケジュールは変動しますので、ご了承くださいませ。
「こういった条件でのおおよそのスケジュールが知りたい」など、ご不明な点に関しては当社の専任スタッフがしっかりとお答え致します。

ページのトップへ