〒 160-0003 東京都新宿区四谷本塩町15-9(ラボ東京ビル3F)
TEL: 03-5368-0232

介護の技能実習生

最長5年間、介護を学ぶ技能実習生として業務に従事します。

介護技能実習生として入国するためには日本語能力試験N4レベル相当の試験に合格することが必要です。

入国後1年目に初級試験(学科・実技)があり、合格後、技能実習2号実習へ移行します。2号実習へ移行するためには、原則として日本語能力試験N3レベル相当の試験に合格しなければなりませんが、移行までに試験に合格できなかった場合は2号実習中に日本語学習プランに基づいた学習を継続して、実習修了までに合格することを目指します。

技能実習について、もっと知りたい方はこちら

1技能実習生の在留資格とは?

実習生の在留資格は実習開始の1号から2号、3号とステップアップしていきます。

実習生の在留資格は実習開始の1号から2号、3号とステップアップしていきます。

1号から2号へ、2号から3号へ移行するためには、(一社)シルバーサービス振興会が実施する技能評価試験に合格しなければなりません。

また2号に移行するためには日本語能力試験N3相当の試験に合格することが求められています。

<技能評価試験について>

技能実習3号に進むには、上記試験の合格に加えて、勤務する介護施設(団体監理型の場合には監理団体も)が、外国人技能実習生機構(OTIT)から介護の「優良認定」を受けることが必要です。

<介護の優良要件>

2技能実習生を受け入れ可能な施設は?

介護福祉士国家試験の受験資格の認定において実務経験として認められる介護施設は技能実習生を受け入れることができます。

訪問介護などの訪問系サービスについては、適切な指導体制を取ることが困難である等の理由で技能実習生の受け入れは認められていません。

また事業所経営が一定程度安定していることを担保するために、原則として開設後3年を経過している必要があります。

「病院から介護医療院等に転換した場合」や「吸収合併等をした場合」など、指定通知書の日付からは開設後の3年を経過していないケースでも、実際にその施設において3年間介護事業を行っていた場合には受け入れが認められる場合があります。

主な受け入れ可能施設
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 通所介護(デイサービス)
  • 病院
  • 障害者支援施設 など

詳細はこちら

施設・事業
児童福祉法関係の施設・事業
指定発達支援医療機関
児童発達支援
放課後等デイサービス
障害児入所施設
児童発達支援センター
保育所等訪問支援
障害者総合支援法関係の施設・事業
短期入所
障害者支援施設(施設入所支援)
療養介護
生活介護
グループホーム(共同生活援助)(外部サービス利用型を除く)
自立訓練
就労移行支援
就労継続支援
福祉ホーム
日中一時支援
地域活動支援センター
老人福祉法・介護保険法関係の施設・事業
第1号通所事業
通所介護(老人デイサービスセンターを含む)
地域密着型通所介護(指定療養通所介護を含む)
認知症対応型通所介護
介護予防認知症対応型通所介護
老人短期入所施設
短期入所生活介護
介護予防短期入所生活介護
特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設(地域密着型介護老人福祉施設も含む))
小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護
老人福祉法・介護保険法関係の施設・事業
看護小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護
介護予防認知症対応型共同生活介護
介護老人保健施設
介護医療院
通所リハビリテーション
介護予防通所リハビリテーション
短期入所療養介護
介護予防短期入所療養介護
特定施設入居者生活介護
介護予防特定施設入居者生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護
生活保護法関係の施設
救護施設
更生施設
その他の社会福祉施設等
地域福祉センター
隣保館デイサービス事業
独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
ハンセン病療養所
原子爆弾被爆者養護ホーム
原子爆弾被爆者デイサービス事業
原子爆弾被爆者ショートステイ事業
労災特別介護施設
病院又は診療所
病院
診療所
3受け入れ可能人数(介護の技能実習生)

介護施設に受け入れ可能な実習生の数は、事業所の常勤介護職員の総数に応じて決められています。(下記の表)

なお、常勤の介護職員の総数を超えて実習生を受け入れることはできません。

事業所の常勤介護職員の総数 一般の実習実施者 優良な実習実施者
1号 全体(1・2号) 1号 全体
1 1 1 1 1
2 1 2 2 2
3-10 1 3 2 3-10
11-20 2 6 4 11-20
21-30 3 9 6 21-30
31-40 4 12 8 31-40
41-50 5 15 10 41-50
51-71 6 18 12 51-71
72-100 6 18 12 72
101-119 10 30 20 101-119
120-200 10 30 20 120
301~ 常勤介護職員の
20分の1
常勤介護職員の
20分の3
常勤介護職員の
10分の1
常勤介護職員の
5分の3
(例)常勤の介護職員数が30名の場合

1年目

1号実習生として3名まで受け入れ可能

2年目

追加3名受け入れ、1年目に受け入れた3名は2号実習生 計6名

3年目

追加3名受け入れ、1年目に受け入れた3名は2号実習生(2年目)

3年目

2年目に受け入れた3名は2号実習生 計9名(受け入れ可能人数の上限)

ただし、優良認定を受けた介護施設は、一般の実習実施者の倍以上の実習生を受け入れることが可能となります。※その場合でも常勤の介護職員の総数を超えることはできません

1号実習生 2号実習生
1年目
2年目
3年目
4(技能実習生)受け入れまでの流れ

実習実施者へ配属されるまでにどのようなことが行われているのか、実習実施者・監理団体・送出機関・実習生のそれぞれの目線から見た対応の必要事項をまとめ、ご案内して降ります。

(技能実習生)受け入れまでの流れ
STEP
1
お申込み、組合との業務委託契約
  • (介護)技能実習制度の説明、受入可否の確認
  • 求人票(国籍・年齢・性別・人数など)の作成など
STEP
2
人財選考、技能実習生との雇用契約
  • 書類選考
  • 面接(オンライン・現地)
  • 雇用契約の締結
STEP
3
入国前講習の実施
  • 日本語教育(日本語能力試験N4相当)
  • 生活教育(日本の文化、生活習慣、会社ルールなど)
  • 集団生活の実施
※受入介護施設側
  • 実習生受け入れの準備(住居等の確保、初期の生活用品の手配)
STEP
4
入国
  • 空港での出迎え
  • 研修機関(日本語・介護)への移動
STEP
5
入国後講習(約1か月間)
  • 「日本語」「介護の日本語」「介護実技」の講習受講
STEP
6
配属
  • 研修機関から介護施設へ移動
  • 転入届等の公的手続
STEP
7
技能実習開始
  • 介護技術の習得
  • 日本語能力検定N3合格に向けての日本語勉強

オンライン面接対応
お問い合わせ

123